リスクなしで儲かる

リスクなしで稼げるとか、
儲かるって話は世の中に溢れている。

しかし、
その実態をみればよく分かるが、
儲かるのはそれを打ち出している胴元。

もしくは、
それを宣伝している人間。

実際にそこに参加する者が
稼げる可能性は極めて低い。

どのくらい低いかと言うと、
おそらくはカジノのルーレットで
個別数字を直撃させるくらいの
可能性しかないだろう。

それなら、
実際にカジノでそのカネを
一点賭けした方がまだいい。

ギャンブルと同じレベルの確率で
意味不明な設け話に乗らないこと。

精神衛生上も良くない。

⇒【ギャンブル中毒からの脱却

甘い言葉

「簡単に」
「楽して」
「誰でも」
「絶対に」

この辺りの話が出てくるような
ノーリスク系の儲け話。

中には、
結果的に儲かるようなものが
2%くらいは含まれているかもしれない。

それでも、
数で言えばルーレットで賭ける方が高いだろうと
思えるようなもの。

もちろん、
実際にはビジネスであり、
簡単という言い方で情弱を誘っているという
ものもある。

その場合は、
ビジネスとして捉えて真剣に
やってみたら結果が出るということは多い。

ビジネス系の塾などはそれだろう。

しかし、
2000人くらいの入塾でも成果が出るのは
3%程度と言われる。

そこに入るには、
簡単に考えずに、
楽をせずに真剣な努力をしてやれる人だけ。

ラクラク稼ごうというバカには
生涯その成功を手にできる事はない。

甘い言葉の奥にある
その真意を捉えるのは重要な能力。

⇒【仲間を勝たせる事が大切!
⇒【始めから見返りを貰おうとしない!

末端情報

身近にいる人間は大金持ちか。

それを考えるだけで、
その情報というのが末端情報なのか
どうかというのが分かる。

やはり、
儲け話というのものは
儲かっている人のもとに
優先して訪れる。

それは当然リスクもある。

そのリスク大きく背負える金持ちに
最初に情報が回ってくる。

そして、
そのリスクを取って更に儲かる。

そういうもの。

もし自分が富豪ではないなら、
その情報は末端情報である可能性が
高いだろう。

特に、
ネットで拾えるような情報。

これはもう末端情報も末端。

最後の最後と呼べるような
こすられまくった情報。

それで楽に儲けようなんて
頭の悪さが際立つだけ。

末端情報には旨味ゼロ。

⇒【サラリーマンが1000万を貯める!?

ノーリターン

どんなものでも末端情報にいくと
リスクに関しては描かれない。

情弱狙いのため、
一発逆転できるんじゃないかという
甘い夢を見る夢想者を狙いたい。

それ故のノーリスク表記。

実際には、
そのノーリスクを買うために
なけなしのカネを支払う。

そして、
ノーリターン。

実は、
ノーリスクというのは
ノーリターンを呼び込むだけ。

なけなしのカネを出している事を
考えると、
まさにハイリスクノーリターン。

バカすぎる結末を迎えてしまう。

ビジネスなら他の2000人の中で
一番努力する覚悟を持つ。

投資のような話なら
無知が知ったかで行わない。

何よりも、
誰もが知っている情報や
貧乏人に訪れる情報は全て末端。

勘違いして投資することが
ないようにしたい。

⇒【始めから見返りを貰おうとしない!
⇒【毎月30冊の本を読んでも無意味!
⇒【情報に金を払えないのは貧乏人!
⇒【少額ならバイト!ビジネスは長期
⇒【ギャンブル中毒からの脱却
⇒【貧乏は感染るが真実!
⇒【やるかやらないかは自分で決める
⇒【仮想通貨は新技術の商品ってだけ

  • 本気じゃない人はリスクを取らずに甘い蜜を吸いたがる!言い訳ばっかりなのを気付いた方がいい
  • 欲が出始めたら努力して自力を引き上げる!ビジネスチャンスは欲求の中にある!
  • サラリーマンが合わない人は貯金を何円くらいして退職すればいいの?
  • 自分と違うものは否定したくなる!可能性の幅を狭める行為は未来に影響する!
  • ノーリスクの儲け話は嘘ばっかり!末端情報の実態はハイリスク&ノーリターン!
  • 親玉しか儲からないマルチって本当なのか?数字で見てみると笑えてくる!?
おすすめの記事