何から始める

サラリーマンが合わない人は
必ずと言っていいほど独立を目指す。

しかし、
独立して上手くいく人は
全体の4%もいない。

それは労働人口と社長の数で
大体の想像はつく。

実際に成功している独立経営者
という立場の人間は2%ほどだろう。

もっと少ないかもしれない。

そんな状況で、
何から始めるのがいいのか。

すでに年齢を重ねている場合は
当然ながらリスクは高まる。

それだけは覚悟して欲しい。

⇒【ノーリスクの儲け話は嘘!

小資本・無在庫・高利益

ホリエモンも言っていたが
この三つが揃ったビジネスが
強いのは当然と言える。

しかし、
これが誰にでもできるのかと
言われればそんなはずもない。

すでに信頼を勝ち得ている場合は
これも可能だが、
サラリーマン時代に世間に信頼を
個人で勝ち得ているという場合は
殆ど無い。

だからこそ、
最初にやるのがブログなどに
なってくるのだろう。

そこで信頼を勝ち得て
小資本で無在庫で高利益のサービスや
商品を提供していく。

可能は話ではあるが、
当然ながら無数のライバルの存在。

簡単ではないというのは
容易に想像出来るはず。

⇒【毎月30冊の本を読んでも無意味!

原資を作る

小資本で始められるのに
越したことはないだろう。

ただ、
0円で始めるというのは
やはり成功確率が下がる。

アフィリエイトや
Amazon転売などもほぼ0円
スタートが切れるが
やり方も独学で0円をベースに
考えていると恐ろしい遠回りを
することになりかねない。

まずは原資を用意して
それなりにスタートからお金を
かけられる状態を目指すのが得策。

アフィリエイトに関しても、
最初からお金があればライターに
記事をお願いしたり、
サイトそのものを購入することも可能。

いきなりそれをしろという
ことではないが、
ある程度技術が引き上がった時に
これが出来るだけの原資があるのと
ないのでは違いは大きい。

⇒【サラリーマンが1000万を貯める!?

300万円を貯める

どのくらいのお金が必要なのか。

これはやりたいことにもよるが、
個人的には300万ほどの原資を用意
できたとすればやれることは
大幅に増えてくる。

投資を行うにしても、
このくらいの金額が用意できれば
大きな展望が見えるだろう。

22歳から30歳まで貯金をそれなりに
していくと300万は達成する。

30歳になれば、
それなりに社会的な見識も広がって
やりやすくもなるだろう。

独立する人が多い年齢でもある事から
同じ様な境遇の人を見つけるのも容易。

まずは、
最初の300万程度を用意出来るように
貯金をしてみよう。

ただし、
お金の管理をあまりしていない場合は
30歳の段階で100万を切る金額しか
貯蓄がない場合も多い。

その場合は、
2年くらいかけて本気で貯めるのを
おすすめする。

どこかで必死にならないと
未来は開けない。

すでに30歳という状況なら
時間的な余裕もそう多くはない。

⇒【コンサルを受けて稼げる確率!
⇒【ノーリスクの儲け話は嘘!
⇒【サラリーマンなら仕事を断れ!
⇒【辞めたいのに覚悟が決まらない!
⇒【少額ならバイト!ビジネスは長期
⇒【MLMは難易度が高いビジネス
⇒【上司の何がそんなに怖いの!?

  • 本気じゃない人はリスクを取らずに甘い蜜を吸いたがる!言い訳ばっかりなのを気付いた方がいい
  • 欲が出始めたら努力して自力を引き上げる!ビジネスチャンスは欲求の中にある!
  • サラリーマンが合わない人は貯金を何円くらいして退職すればいいの?
  • 自分と違うものは否定したくなる!可能性の幅を狭める行為は未来に影響する!
  • ノーリスクの儲け話は嘘ばっかり!末端情報の実態はハイリスク&ノーリターン!
  • 親玉しか儲からないマルチって本当なのか?数字で見てみると笑えてくる!?
おすすめの記事