安直な成功ノウハウに飛びついても継続しない【あだちツイート録集(@adachinoaccount)】

アフィリエイトは誰でもやれるというより誰でも始められる

アフィリエイトは誰でもやれるというより誰でも始められる。

簡単と言われてるがそんな事ない。

他の事業開始よりも比較的低予算。

マーケットの流れが分かるのも大きい。

努力は当然必要。

月100万なら正に血の滲むような努力。

でも普通の事業でも同じ。

甘えてる人だけが失墜するだけ。

新しいWordpressのエディタが使いにくい場合は切り替える

新しいWordpressのエディタが使いにくい場合は切り替える。

新しい投稿の編集画面。

今までよりも遥かに使いにくく感じる。

記事構成に時間がかかる場合は、
Classic Editorというプラグインをインストールして元に戻すのを勧める。

改善が重なり使いやすさが増すまで一先ず元の編集で処理が妥当。

Googleが既に答えを持っているジャンルはコンテンツ力勝負

Googleが既に答えを持っているジャンルはコンテンツ力勝負。

被リンクの効果は今でも絶大。

しかし、
どんな分野でもという訳ではない。

Googleが解答を持ち得る分野ならコンテンツ力が重要。

逆に感情面やトレンド等は解答不明でリンクが有効。

大手サイトの1記事が専門サイトに勝つ理由はこれ。

ブログ名もSEOに直結している

ブログ名もSEOに直結している。

タイトルタグが何のサイトかを言い表す。

初心者なら、
「あだちのブログ」とか
しょうもない名前はNG。

狙うキーワードを必ず盛り込む。

「脱サラ 方法 実情」狙いなら、
【脱サラの方法と実情】
というブログ名。

ここを舐めてかかると大怪我になる。

書く事が無いはあり得ない

書く事が無いはあり得ない。

書いて書いて書きまくる。

すると訪れる。

「書く事が無くなった」

題材についての全てを知ったかの様な口ぶり。

そんな訳がない。

自分の知識の底が知れたに過ぎない。

だから深める。

広げる。

徹底して専門書を読み漁る。

気付けば書く事だらけの状況となる。

専門的なブログを継続して作るのが基本

専門的なブログを継続して作るのが基本。

書いてるけどアクセスが無いと嘆く人は大抵2パターン。

毎日1記事を3ヶ月書いただけで「めちゃ頑張った」と勘違いしている。

専門性の無い雑多な記事でブログの有用性が非常に低い。
(手の込んだ日記程度)

「誰でも出来る」から逸脱して初めて意味がある。

安直な成功ノウハウに飛びついても継続しない

安直な成功ノウハウに飛びついても継続しない。

数多の成功ノウハウ。

効果の速い裏技は続かずに終焉。

短期間は成功するかもしれない。

続かない。

一時の栄光によって凹み時の底力を失う。

下支えが無い。

ヘリで山頂に降ろされても、
もう一度は登れない。

再現不可。

傲慢だけ残る悲劇。

アフィリエイトが楽しいが強い

アフィリエイトが楽しいが強い。

教えて「稼げました」
を聴くより「楽しい」
を聴く方が意義を感じる。

マーケットに突っ込む仕事で、
熟考すれば様々な事業の可能性を見出せる。

「楽しい」と言う人は上位10%に入りやすい。

知之者不如好之者、
好之者不如楽之者(論語)。

正にこれ。

楽しめ。

ブロガーで稼ぐならSNS連携で高単価のジャンルを狙え

ブロガーで稼ぐならSNS連携で高単価のジャンルを狙え。

アフィリエイト初心者はニッチに攻めるのが基本。

ブロガーなら高単価でライバル過多ジャンルをSNS連携の上で専門的に攻める。

・転職
・投資
・英会話
etc

Google広告で高単価を調べる。

関連書籍10冊読破後に専門性と深めた個人見解。

Googleの検索アルゴリズムアップデート直撃はいつも裏技派

Googleの検索アルゴリズムアップデート直撃はいつも裏技派。

楽な方に流れていけば直撃する。

健康アップデートもYMYL絡みで以前から言及あり。

大丈夫だろうと安易な予測で沈んだのは自業自得。

逆に対策していた人は、
アップデート後も生き続けている。

結局本筋を外さず着実と言うのが強い。

おすすめの記事