文章の要らない部分を探してみる【あだちツイート録集(@adachinoaccount)】

文章の要らない部分を探してみる

文章の要らない部分を探してみる。

記事を書いていると間延びする事がある。

疲れがあったり、
締め切り直前だと特にそうなる。

過去記事を見直す時に、
加筆ばかりに目をやらず、
要らない部分を確認。

こそあど言葉の多用はないか。

重複情報がないか。

削ぐ行為もまた一つの成長に繋がる。

グルメサイトをやるなら実際に店に行け

グルメサイトをやるなら実際に店に行け。

グルメサイトは強豪。

しかし実態は適当な情報も多く、
インスタにとって代わられている節もある。

地域密着で場面ごとの使い分けをカテゴリで振り分ける。

インスタも連動させて、
写真も多めに掲載。

店外写真や周辺情報を含めれば、
活路はある。

google上位表示を狙う時に違いを出す事も意識

google上位表示を狙う時に違いを出す事も意識。

強キーワードになると、
SEOノウハウを知っている相手がライバルとなる。

一様に同一ノウハウの元で記事構成。

変わり映えしない。

そこで変化球を放り込む。

基本は守りつつタイトルの文言を他とズラす。

別要素の加わりで上位狙いも可能。

裏技よりも堅実な積み上げ

裏技よりも堅実な積み上げ。

世に巣食う裏技と呼べるノウハウ。

一般人である自分の元に届いている時点で、
既に甘い蜜は吸い尽くされている。

規制や締め出し、
場合によっては逮捕まであり得る裏技の世界。

お金を払って聴く価値はほぼ無い。

世間勉強の意味で知識として入れるのはアリ。

売り込みを連続すれば閲覧者は嫌がる

売り込みを連続すれば閲覧者は嫌がる。

洋服屋で話しかけてくる販売員。

何がオススメで、
何が似合うか。

聴いてもいないのに語る。

春の新作、
冬のトレンド。

言葉も画一的で皆同じ。

売り込みの連続。

嫌気がさして来ないか。

サイトだと同じ事をしているパターンが多い。

見直し。

記事のレベルを上げるには書くしかない

記事のレベルを上げるには書くしかない。

レベルアップしてから世に出したい気持ちも分かる。

しかし、
世に出す文章を書かずして向上は無い。

作ったばかりの記事なんて誰も読んでいない。

「こんな文章を世界中の人が読むなんて」と言う恥ずかしい妄想はやめろ。

読んでない。

安心して書け。

最近出てきた人気の人物やグループのファンサイトは意外にウケる

最近出てきた人気の人物やグループのファンサイトは意外にウケる。

本当のファンじゃないと超困難。

しかし、
ライブや講演会やテレビ番組やラジオなどを常に追いかけているレベルならやる価値アリ。

昔からファンサイトはブログも強い。

趣味と一体化して記事クオリティ向上の学習にもなる。

アフィリエイトコードを含めリンク切れはページ評価を下げる

アフィリエイトコードを含めリンク切れはページ評価を下げる。

リンクが切れていると閲覧者が不便に感じる。

閲覧者の不便はgoogle評価のマイナス。

サイトのリンク切れチェックは必須と言える。

手作業の確認は骨が折れる。

ツール利用が好ましい。

定番を一つ。

リンク切れチェッカー

年末年始に盛り上がるジャンルとそうじゃないジャンルがある

年末年始に盛り上がるジャンルとそうじゃないジャンルがある。

年末年始だから売れる物もあればそうでないものもある。

サイト閲覧でも同じ。

自分のジャンルの動きを1年通して見てみるとよく分かる。

1年未満の経験値ならキーワードプランナーで需要の変動を見る。

一喜一憂する前に分析。

アドセンスが通らない人はポリシーを真剣に読み込む

アドセンスが通らない人はポリシーを真剣に読み込む。

アドセンス通過は運も絡む。

ポリシー違反があれば通過確率は低くなる(通過する事もある)。

ポリシーの読み込み。

問題ないと思ってた事も実はダメって話は良くある。

アクセスの無いサイトも通過しない可能性が高い。

ただ確実な事は無い。

おすすめの記事