人が選ぶ言葉に本質が隠れている【あだちツイート録集(@adachinoaccount)】

人が選ぶ言葉に本質が隠れている

人が選ぶ言葉に本質が隠れている。

どんな言葉を選んでいるか。

どんな言葉を避けているか。

これを見るだけで相手の心理と価値観が見えてくる。

いつも自分のスタイルで会話せず、
相手の心理と価値観に合わせる。

面白い程に心を掴み取れる。

喜ばせれば味方は増える。

生きやすさの典型。

力足らずかどうかやってみないと分からない

力足らずかどうかやってみないと分からない。

「自分には出来ない」

やってもいないのに何故分かる。

人間本気の頑張りなら、
それなりの所まで行ける。

何よりやってもいない内に、
自分を見限る人生が面白いはずもない。

やったらいい。

力不足かは後で分かる。

真剣なら次の一手も浮かぶ。

飽きる前に変化させる

飽きる前に変化させる。

飽きたら当然つまらなくなる。

飽きたら他に移る人もいるが、
今やっている中に変化させられる点が無いか確認。

楽を選ばない。

今より少し努力が必要となる変化点。

変化によって精通している分野にすら大きな未知がある事を知る。

完全に飽きる前に変化点を探れ。

思考は現実化するけど思考だけは現実化しない

思考は現実化するけど思考だけは現実化しない。

思考は現実化するは自己啓発本の走り。

夢を叶える本と思われるが、
英題は「Think and Grow Rich」

裕福になる事がベース。

内容は常にリアルに理想を想像するスタンス。

思考だけで良いと思う馬鹿も増加。

行動なき想像は現実化しない。

サラリーマンから独立は周囲に理解されない

サラリーマンから独立は周囲に理解されない。

残念ながら、
サラリーマンの周りはサラリーマン。

真の理解者不在。

交流会で独立した人と知り合いになれても、
本質的な仲間ではない。

独立時は孤独を味わうもの。

否定のオンパレード。

失敗を願われる事すらある。

全部引っくるめて独立。

やりたい事がやれる人は僅かしかいない

やりたい事がやれる人は僅かしかいない。

やりたい事をやれって話は多い。

言葉ほど簡単ではない。

実際にやりたい事をやって生きる人は稀。

そういう人達は数ある人生の選択を自分の意思で決断。

軋轢を生む事も、
孤独になる事もある。

大多数が恐れる事を平気でやる人。

普通じゃ叶わない。

例え話が出来るのは理解が深まっているから

例え話が出来るのは理解が深まっているから。

例え話と言うのは案外難しい。

相手の理解を高める為に行う手法だが、
自分の理解が乏しいと例えようも無い。

知っている事を人に説明する時、
例え話を交える訓練をしておく。

自分の本当の理解度が分かる。

上手くなれば相手への伝達力は飛躍する。

嫌な思いをすると成長の兆し

嫌な思いをすると成長の兆し。

人はどうしたって嫌な思いをする。

その瞬間はとても気持ちが沈む。

実はこの嫌な思いの中に、
自分を知るきっかけがある。

人生は結局の所、
如何に自分を知るかに集約される。

嫌な理由を熟考。

自分を深める事で成長を遂げる。

嫌な思いも前進の材料。

例え話が出来るのは理解が深まっているから

例え話が出来るのは理解が深まっているから。

例え話と言うのは案外難しい。

相手の理解を高める為に行う手法だが、
自分の理解が乏しいと例えようも無い。

知っている事を人に説明する時、
例え話を交える訓練をしておく。

自分の本当の理解度が分かる。

上手くなれば相手への伝達力は飛躍する。

会話の上手さは知識も必要

会話の上手さは知識も必要。

会話が上手い人。

知識だけで成せる訳ではない。

しかし、
一定の知識量は必須。

学ぶ事を捨てながら、
会話上手になりたいというのは困難。

最低限の知識と、
高い知的好奇心。

相手の話に興味を持って聴き、
相手が興味のある聴きたい話をする。

会話上手に進化。

おすすめの記事