騙された自分を否定しない【あだちツイート録集(@adachinoaccount)】

騙された自分を否定しない

騙された自分を否定しない。

詐欺師は狡猾。

絶対に騙されない人はいるのか。

挑戦を繰り返し進むと警戒しても「まさか」にあう。

そこで自分を否定しない。

偉人も騙される事はある。

反省し経験だと考え、
次に繋げる。

金の惜しさより、
自分の選択は正しいと思う一心でしがみ付く方が危険。

慣れたら不満が溢れる

慣れたら不満が溢れる。

慣れ始めたら悪い部分が見えてくる。

知らぬ間に大切なモノも失われていく。

気付いた時には遅い。

だから常に自省する時間が必要。

人間なんて大抵は生かされている。

人生は自己責任だが、
自分のお陰で生きられてる訳では無い。

感謝しない傲岸不遜の終わりは悲惨。

サイト構築の際に書籍参考と雑誌参考を上手く取り入れる

サイト構築の際に書籍参考と雑誌参考を上手く取り入れる。

サイト構築で専門性を引き上げるなら書籍を5冊読む。

流行ネタからPVを引っ張りたいなら雑誌。

両者を上手く使い分けると成長速度の速いサイトが仕上がる。

ただ裏技的な要素も強い為、
中級者向け。

出版社と著者のプラスも意識する。

信頼関係が無い人を叱っても効果は薄い

信頼関係が無い人を叱っても効果は薄い。

上司が部下を、
親が子を、
師が弟子をと、
叱りは様々なパターンが存在。

全てにおいて重要な事。

「信頼関係の有無」

関係が成立せずに、
立場や自己の正義感で叱っても反発される。

信頼関係があれば叱りは気付きを与える。

叱る相手を間違わぬ事。

書籍を見れば専門サイトは作れる

書籍を見れば専門サイトは作れる。

半端な人だけが屯するキーワードが存在する。

そこに幾つかの書籍を読み込んだ知識人が現れ、
サイト構築すると速攻で上位に君臨。

良くある話。

ネットで拾える情報しか載ってない場所に専門性で突撃。

調べ方は簡単。

1位から5位まで書いてる事がほぼ同じ。

全部が100%は無理

全部が100%は無理。

完璧主義の人は潰れやすい。

何故か私は完璧主義者と思われるり

twitterの文面からか。

全く違う。

頑張る所だけ100%の努力をしているに過ぎない。

他は30程度。

50あれば万歳。

適度に力を抜く。

これ無くしては続かない。

ただ抜き過ぎて本題まで手を抜く事なかれ。

良い時は良いで悪い時は悪いと伝えていく

良い時は良いで悪い時は悪いと伝えていく。

投資関連のサイトにありがちなパターン。

下降線を描くと極端に更新頻度が落ちる。

これでは信頼も何もない。

良い時も悪い時もそれに応じた記事を書いていく。

ブロガーなら尚の事。

成功だけが信頼の元ではない。

真剣にやってるなら臆せず記せ。

アイデアに困ったら定番のオズボーンチェック

アイデアに困ったら定番のオズボーンチェック。

アイデアを出すヒント。

ブレスト考案者のオズボーンが提唱したチェック。

・応用
・転用
・代用
・拡大
・縮小
・変更
・置換
・逆転
・結合

実は記事ネタにも結構使える。

<参考書籍>
アイデアの作り方

何を得て何を捨てるのか

何を得て何を捨てるのか。

全部は得られない。

これは真実。

多くを得ている様に見える人は、
多くを捨てて来ている。

物や時間、
思想や人間関係に居場所。

あらゆるものが対象。

本当に残したいものは何か。

「出来れば」程度のものを残して囚われるなら捨てる。

取捨選択は簡単ではない。

社畜って言葉は家畜が語源

社畜って言葉は家畜が語源。

社畜の語源は勿論家畜。

家畜とは人間が利用する為に飼育される動物。

社畜も同じなら会社が利用する為に飼育する人間。

会社に利用価値があって初めて社畜。

メインは労働力だが、
さして働かずにいる者は社畜でもない。

畑を荒らす猪と同じ。

人は害獣と呼ぶ。

おすすめの記事