あだちのTwitter備忘録サイト

  1. 貧乏人脱皮の流儀

サラリーマンの給料のみで1000万貯めるなら結婚も家も車も諦めて突き進むのが基本

1000万を貯める

サラリーマンの給料で1000万を貯める
そんな無理難題を実際に数字で見てみる。

初年度が手取り月収20万で
ボーナスが4ヶ月としよう。

年間の収入は16ヶ月分の320万円。

悪くない数字だと思う。

そこから、
5%ずつ給料が上がったと仮定する。

10年後には、
500万程度の手取りになっている。

月収に直せば31万くらいの手取り。

この状況で見ていく。

羅列するとこうなる。

初年度 320万
2年目 336万
3年目 353万
4年目 370万
5年目 389万
6年目 408万
7年目 429万
8年目 450万
9年目 473万
10年目 496万

単純に合計すると、
4,024万を手にする。

十分過ぎる金額と言えるだろう。

その中の、
25%を蓄え続ければ行き着く金額。

1000万。

ただ現実はそんなに甘いものではない。

⇒【情報に金を払えないのは貧乏人!

25%貯蓄

給料が20万だとすれば、
その内の5万を蓄えに回すという計算。

これがどれほどに難しい事か、
安易に想像がつくだろう。

それが難しい人は、
ボーナスを貯めようとする。

確かに、
ボーナスとなる4ヶ月分を全て貯めれば
25%にたどり着く。

これを読んでいる人の中に、
これを考えた事がある人もいるのではないか。

しかし、
達成出来ていない。

理由は簡単。

消費か負債に使ったからだ。

ボーナス払いという負債を背負って
車や家を買ってみたり、
浮かれて旅行という消費に回す。

こんなことをしていて貯まるはずがない。

結果的に、
10年経った時に貯まっているのは
目標額の10分の1の100万程度ということも
往々にしてあるだろう。

⇒【八方美人を辞めた高校の話

支出を捨てろ

何かを得ようと思ったら
何かを捨てなければいけない。

ホリエモンも話していたが、
人生では大きな支出というものがある。

・家
・車
・結婚(子供含む)

これは当然ながら大きな支出となる。

手持ちのお金では買いきれないような
数百万の車を買って、
恋人と結婚の話をして結婚式を挙げる。

そして、
数十年のローンを組んで数千万の家を買う。

どう考えても貯まらない。

貯まるはずがない。

これでお金が貯まらないと言っている
のだとしたら、
かなり算数が出来ないのだろう。

もしもサラリーマンで1000万クラスの
資産を持ちたいのなら、
大きな支出となる部分は当然ながら
捨てていかなくてはいけない。

1000万とまでは言わずとも、
5年で300万くらいを貯められれば
様々な挑戦が出来たりする。

⇒【アウトプットでインプットが増大!

支出を見直せ

当たり前の話だが、
サラリーマンで給料収入しかないなら
支出を見直すしか方法がない。

給料を上げればいいなんて
それを簡単に言えるのならかなり優秀。

しかし、
優秀だとしても支出の割合が
増加してしまっていては意味がない。

給料が10年で10%ずつ上がり、
それ以降も同じペースというのなら
出来なくはない。

10年目で754万の手取り収入。

20年目には手取り収入が2000万。

これは別次元のサラリーマンだろうから、
今回は考慮していない。

そのまま邁進することを願う。

それ以外の一般サラリーマンは支出の見直し。

それも、
徹底した見直しをして欲しい。

家は買わない。

安いアパートで十分。

車も安いものなら20万程度で売っている。

それで2年乗れれば月1万以下。

人気車ではなく、
人気のない国産車がオススメ。

国産車はやはり持ちがいい。

人気のないオッサン車なら無理な乗り方を
されていない可能性も高く20万キロ付近まで
特に大きな整備や故障もなく動くことが多い。

燃費についても排気量が1600以下のものなら
それなりのものになる。

結婚はしない。

したとしても挙式はしない。

これだけ徹底しただけでも、
十分な資産を生み出せる可能性を秘めている。

実際にどの程度か考えてみよう。

質素倹約

家を買わずに安アパートに住む場合。

まずローン返済という地獄がなくなる。

アパートも無理せずに、
4万程度のところに住む。

都内なら6万以下を目指そう。

ボロボロでも構わない。

寝るだけと高を括る。

周囲の人間よりも1.5万程度安い場所で
居住出来ればそれだけアドバンテージが生まれる。

これが、
10年になれば180万。

一財産と言えるだろう。

車も180万の車を10年で2回乗り換えるのが
一般のパターンだとする。

しかも5年ローン。

総支払は200万を超えるだろう。

もし、
この部分を2年乗り換えで20万のボロ車で
回していくとする。

そうすれば差額は300万となる。

先程の180万と合わせれば480万を残せる計算。

この二つだけでも、
10年で520万を残り貯めてしまえば
1000万に届く計算になるだろう。

毎月のお金を25%貯める事が現実になる。

残りは毎年52万。

毎月に直せば、
給料から3.25万
ボーナスの時は6.5万を2回。

これでたどり着く金額となる。

ただ注意して欲しいのは、
車や家賃の分については自分は支払った
ものだと想像しながら別の固定口座に
放り込むということ。

余ったからと使っていたら無意味。

4万の家賃だけど周囲は5.5万の家賃。

その差額分の1.5万は本来無かったものだ
と考えながら別口座に蓄える。

車も同様。

20万で買いながら、
本来は毎月2.5万をローン支払いする
予定だったと考えながらその分をまた
別口座に放り込む。

やってみれば分かるが1000万という
道の遠さを痛感することになるだろう。

はっきり言うが、
一般サラリーマンならほぼ不可能。

現実には120ヶ月間という10年間で
毎月8.34万ずつの貯金ということ。

やはりもう一つ収入の柱を持って
毎月3万でも入る状況を作るのが得策。

これがサラリーマン10年で1000万
という未来の可能性を掴める金額の糧となる。

ちなみに、
副収入で3万を達成できれば、
120ヶ月で360万。

毎月の蓄えは5.34万。

ボーナスで同率を貯めるとすれば、
毎月は4万で済むことになる。

車の分と家賃の分の4万と
ボーナス2回で16万を貯めれば
到達することになる。

かなり現実的なものとなった。

副収入の大きさを感じ取って欲しい。

やれたらいいな~って程度で
考えていてはいけないほど危機的な
状況にいることを認知する。

まずはそこから。

貧乏人脱皮の流儀の最近記事

  1. 本気じゃない人はリスクを取らずに甘い蜜を吸いたがる!言い訳ばっかりなのを気付いた方がいい

  2. 欲が出始めたら努力して自力を引き上げる!ビジネスチャンスは欲求の中にある!

  3. サラリーマンが合わない人は貯金を何円くらいして退職すればいいの?

  4. 自分と違うものは否定したくなる!可能性の幅を狭める行為は未来に影響する!

  5. ノーリスクの儲け話は嘘ばっかり!末端情報の実態はハイリスク&ノーリターン!

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ツイートの記録

  1. ツイート録

    ユーモアゼロの堅物に近づかない【あだちツイート録(@adac…
  2. ツイート録

    頑張ってると他人に言うレベルはまだ甘い【あだちツイート録(@…
  3. ツイート録

    1日の記事数と1年後の稼ぎ平均【あだちツイート録(@adac…
  4. ツイート録

    人間関係はシビアに選べ【あだちツイート録(@adachino…
  5. ツイート録

    道に迷う事は道を知る事【あだちのツイート録@adachino…
  6. ツイート録

    ついていく上司なんていなくていい【あだちツイート録(@ada…

オススメ記事

  1. 仮想通貨は新しい技術を使った商品だからそれを利用して何をするのかが稼ぎ…
  2. Yahoo!知恵袋から悩みキーワードを引っ張る時の注意点!?単純な抜き…
  3. キーワードの選定が甘かったら検索なんてされない!ライバルの強さなどを加…
PAGE TOP