仮想通貨は新しい技術を使った商品だからそれを利用して何をするのかが稼ぎの基本?

仮想通貨

仮想通貨というのが2017年の年末に
かけて多くの人の目に触れる事になった。

今となっては、
ビットコインと聞いて初耳という
日本人はほぼいないはず。

それほどに浸透した。

しかし、
願っていた通貨としての役割は
現状はないと言える(今後は知らないけど)。

多くの人が、
一攫千金を夢見たもの。

まるで集団での催眠にあったような。

それ自体を批判するものでもない。

多少はやむを得ない。

問題は、
今もなおそれに悩まされている人がいる
というところだろう。

今も通貨としての役割を信じている人は
別に問題ない。

健全だろう。

一攫千金狙いでギャンブルをした人に
伝えてみたいことがある。

⇒【貧乏は感染るが真実!

技術じゃない

仮想通貨というものが
新しいブロックチェーンという技術や
スマートコントラクトというものを使用
しているという話はよく聞く。

この技術については、
おそらく革新的な何かが含まれて
いるのではないか。

それは分かる。

しかし、
それを使ったビットコインやら
イーサリアムが価値増大となる
というルールが適用されるのか。

確かに、
通貨としての地位を確立できたのなら
その可能性もある。

実際にそうなるかもしれない。

それを信じているのなら先も言ったが
別に言うことはない。

ただ、
今現状を見ると仮想通貨というのは
そういった新しい技術を使った
商品の一つでしかないと感じる。

⇒【情報に金を払えないのは貧乏人!

商品だから

スマホは新技術というよりは、
既存の技術の融合だった。

違いはあるが、
仮想通貨を技術ではなく
商品と考えると分かることもある。

スマホで考えてみて欲しい。

iPhoneというのものが世に出て、
一番儲かったのは誰なのか。

当然送り出した会社である
アップルなのは火を見るより明らか。

ビットコインやイーサリアムも
新しいものを取り入れた商品。

作り出した人が一番儲かるのは当然。

逆に、
スマホを流行っているからと
ただ購入した人。

儲かった人はいるのか。

実は儲けの方法が全く違う。

⇒【少額ならバイト!ビジネスは長期

利用して稼ぐ

スマホを手にして、
そのスマホを利用して稼ぐ。

これが次なる手法になる。

例えば、
アプリもそうだろう。

iPhoneが流行っているから、
もしくは流行るだろうから、
それで利用される何かを作り出して
それで稼ぐというもの。

そうすれば、
アップルほどにまで行かずとも
相当な収益が見込めるという事も
当然にあるだろう。

仮想通貨が一つの商品だと感じて
そういう味方をすれば、
出来ることは変わってくる。

だからこそ、
ビットコインが流行った後で
それを利用できるICOという手法で
大きく儲けた人がいるだろう。

そのビットコインという商品を
取引できる場所を作り出して
大きく稼いだ取引所。

少し俯瞰して見ると、
見えてくる景色はまるで変わる。

ただ、
仮想通貨=世界の基軸通貨になると
本当に信じている人は
それでも構わないと思う。

見方は色々ある。

ただそういう話。

おすすめの記事