Yahoo!知恵袋から悩みキーワードを引っ張る時の注意点!?単純な抜き出しは効果なし!?

Yahoo知恵袋

Yahoo知恵袋というのが
一般認識されてかなりの月日が経った。

実際に、
この質疑応答によって助けられた
経験のある人は多いだろう。

他の人も同じ悩みを持っていることに
安心したということもあるのではないか。

一昔前までは
Yahoo知恵袋はサイトとしてあまり
強くないというイメージだったが、
今ではそれなりのSEO競合としての
強さを誇っている。

それでも拘る専門性の高い記事が
存在しているサイトなら容易に
知恵袋を抜くことは出来る。

そういう事を踏まえて、
悩みキーワードと呼ばれる一般キーを
この知恵袋から取り出す事が
サイト作成者の中で多いのも事実。

⇒【重要キーワードカテゴリ上位階層

検索する

Yahoo知恵袋の中に、
悩みのキーワードが多く存在するのは
間違いない。

それを抽出するために、
一度知恵袋検索をしてみる。

例えば、
元彼 復縁
というキーワードで検索してみよう。

実に3万件近い検索結果が表示された。

こういった中から、
元彼 復縁
に関係する複合のキーワードを抽出してみる。

・冷却期間
・未練
・嫌悪感
・玉砕
・悲しみ
・音信不通

様々な用語が登場するだろう。

こういった語句を結びつけて
記事とすることで需要のあるタイトルを
作り上げる事が出来たりする。

⇒【QDDを加味してライバル判断!

注意すること

ただ注意したいのは、
あくまでも検索者の目線でタイトルを
準備するということ。

抽出したキーワードを元にしながら
検索者が見た時に「コレだ!」と思える
タイトルを付けられるかどうかが肝となる。

その部分は知恵袋よりも優れていなければ
そもそも検索結果をクリックすらしてもらえない。

出来ることなら、
解答を直接記載して読みたくせるのが
重要になってくる。

例えば、
元彼 復縁
-未練
-玉砕
あたりを使うのであればこうなる。

「元彼と復縁で未練アリの玉砕はストップ!
他の男の影を匂わせて~~~」

という具合にキーワードを盛り込みながら
解答となる部分も明記する。

長すぎるのも問題だが、
検索結果として表示される35文字くらいまで
しっかりと何が書かれているのかを
記載しておくのが大切。

◯◯が大切!や
3つのステップ!のように
もったいぶるよりも明記が強い。

それは、
タイトルのキーワードマッチを
増やすという意味でもプラスになる。

⇒【検索キーワードが変化する時代!?

検索需要

Yahoo知恵袋において、
検索の結果が1万を超えるような
キーワードであればほぼ間違いなく需要がある。

しかし、
かなり少数のものになれば、
メインとするキーワードそのものに
需要があるのかという疑問も湧いてくる。

それを解決しておくのも大切。

キーワードプランナーでなるべく詳細な
キーワード需要を調べておく。

その数が自分の想定よりもかなり
少ないという場合は
メインキーワードを変化させていこう。

キーワードプランナーについては、
Google広告を出稿していれば
詳細情報を提供してもらえる。

そこまで高額に利用する必要はないので
是非ともツール使用料と思って
出稿をしておこう。

⇒【重要キーワードカテゴリ上位階層
⇒【QDDを加味してライバル判断!
⇒【独自コンテンツは集客がキモ!
⇒【八方美人を辞めた高校の話
⇒【サラリーマンが1000万を貯める!?
⇒【飲み会が嫌なら企画する側になれ
⇒【嫌わてもいいと好かれたいは別物
⇒【仲間を勝たせる事が大切!

  • ライバルサイトを見て稼げているかを確認する!戦略を練って勝利する!
  • MIXHOSTサーバーが年間契約で月1000円クラス!アダルトもOKという脅威のポテンシャル!
  • 構成を考えずに文章を書くと時間がかかりすぎる!せめて章題だけでも書く!
  • 稼ぎ方を聴いて実際にそうなる確率ってどの程度なの?コンサル実施で得た情報!
  • 手抜きはバレる!最高のSEOは検索閲覧ユーザーの事を真剣に考えること!
  • 自分の意見や思いや体感が入っていないとツマラナイ!事実だけ書くなら辞書でいい!
おすすめの記事